クレジットカードについて:https://kuratatsu.com/creditcard/

クレジットカードの審査でいう「無職」は、世間一般でいう無職とは少し意味が違います。世間一般では無職とされていてもクレジットカードを作ることができる例外があるのです。
専業主婦は一般的には仕事をしているとは考えられていないので無職ですが、専業主婦でも作れるクレジットカードはたくさんあります。学生もアルバイトをしている場合もありますが、一般的には無職として扱われます。しかし、学生でも作れるクレジットカードはありますし、学生カード(例:三井住友VISAデビュープラスカード)という専用のカードまであります。

このように無職といってもクレジットカード審査と世間一般では解釈に違いがあります。クレジットカード審査では毎月支払いができる能力があればいいので、世帯収入という考え方をします。自分で働いていなくてもある程度自由に使えるお金があればいいのです。つまり、配偶者や親に安定した収入があることが分かれば、クレジットカードは発行されます。まったく仕事をしていなくて、一人暮らしで世帯収入もなければクレジットカードは発行されません。

生活が不安定と判断されれば、就職していてもクレジットカードが発行されないこともあるので、まったくの無職は完全にクレジットカード審査の対象外です。