フリーターという言葉は和製英語のようですが、定職に就かず自分の都合に合わせてアルバイトをしている人のことです。将来の安定性はありませんが、アルバイトだけでも生活できる時代なので、そうしたライフスタイルがあっても不思議ではありません。

企業の正社員になって時間を縛られるより自由な時間が欲しいということでしょう。さて、フリーターでも作れるクレジットカードがあるかというと、ふつうに存在しています。クレジットカード申込書の勤務先にわざわざフリーターと記載する必要ありません。フリーターはライフスタイルを示す言葉であって職種でも何でもありません。勤務先欄にはその時点で勤めているアルバイト先の内容を記載すればOKです。

ある場市雄も対象となるクレジットカードであれば、審査を通過する可能性はありますが、勤務年数が未開場合は却下されることもあります。正社員、アルバイトに限らず勤務年スが短いと収入が安定していないと判断されるからです。特にフリーターの場合、アルバイト先は短期のものを転々とする傾向にあるので、勤務年数はそれほど長くならないでしょう。フリーターがクレジットカードの審査で却下され可能性は高いといえます。