クレジットカードを作ってから無職になったというケースは意外に多いので、現在無職でもクレジットカードを持っている人も多いでしょう。無職でもクレジットカードを作ったわけではないでしょう。

クレジットカード審査は新規申し込みの時にすると、その後ほとんど審査は行われません。クレジットカードの有効期限前に簡単な審査をしますが、それまではクレジットカード会員が自主的に連絡しなければ無職になっていてもクレジットカード会社にはわかりません。

求職中ですぐにでも就職先が決まりそうなのであれば、新しい就職先が決まってから勤務先の変更をクレジットカード会社に連絡するといいでしょう。長期間無職にもかかわらず何の連絡もしていない場合、最悪カード会員規約違反でクレジットカードの会員資格が停止される場合があります。

特に勤務先に関する変更は支払い能力に大きな影響があります。意図的に連絡をしない場合は、悪意があると判断されてもしかたないので注意しましょう。そもそも無職であればクレジットカードの返済が滞る可能性が高くなります。支払い遅延の上に無職であることが発覚すると、クレジットカードは強制的に解約され、一括請求されることになります。