生活保護を受けている人には当然クレジットカードは発行されません。生活保護費は収入ではなく税金からねん出されている生活困窮者に対する給付金だからです。クレジットカードはもちろん融資を受けることもできません。基本的に無職の扱いになります。

生活保護を受けているのに車を所有していたり、スマートフォンを使っていたりという人もいるようですが、場合によっては詐欺になるかもしれません。生活保護の給付金は生活に最低限度必要なものしか購入できません。借金の返済などに使うこともできないのです。つまり、もしクレジットカードを作ったとしても生活保護給付金でクレジットカードの支払いはできないことになります。そのためクレジットカード会社では返済能力ないと判断してクレジットカードは発行しません。

生活保護の他にアルバイトなどをしている場合はどうでしょうか。生活できるほどの給与をもらっていれば、生活保護は打ち切られます。アルバイト扱いでクレジットカードの審査が行われるでしょう。生活保護が打ち切りではなく、減額であれば生活保護を受けていることになるのでクレジットカード審査では却下されることになるでしょう。生活保護を受けていることを隠して申込しても、発覚した時点でクレジットカードの会員資格が停止となります。